驚きのR1乳酸菌!!

先日、TVで放送されたのでご存知の方も多いと思いますが、
私も大変興味をもったので「R1乳酸菌」について少し調べてみました(^^)

正式には「1073R-1乳酸菌」というらしいです。


で、なにが凄いかって?

R1乳酸菌入り市販ヨーグルトを佐賀県有田町の幼稚園・小中学校生徒2000人に毎日1本づつ飲み続けてもらったところ、インフルエンザ感染率が周辺地域と比較して激減したというのです。
しかも風邪も激減したとか。



どうしてでしょう・・・

人の身体に免疫があるのはご存知の通りですが、風邪やインフルエンザを患いやすい人、患いにくい人がいます。
これは免疫力に個人差があるからですが、1073R-1乳酸菌は免疫力向上に一役買っているらしいのです。


もうすこし詳しくいうと、免疫は、「自然免疫」と「獲得免疫」に分けられます。
自然免疫は、免疫システムの最前線。体に侵入してきたウイルスなどに感染した細胞を真っ先に攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞や、貪食細胞、抗原提示細胞などからなります。
NK細胞にはがん細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃して除去する働きがあり、たとえばがん細胞の場合、人の体内では毎日5000個が発生しており、NK細胞がただちに処理することで、がんの発生が防げている。
NK細胞の機能が低下すると「生き残ったがん細胞が増殖して、病気としてのがんにかかることになる」とのこと・・・

NK細胞の機能は60歳を過ぎると低下を続け、また、強いストレスに遭遇した場合や生活リズムを崩した場合にも急低下します。逆に「大笑い」をした場合には、機能が高まることが分かっています。


1073R-1乳酸菌は、このNK細胞を特に活性化し、免疫力向上に役立っているということ。
医学的には解明しきれていないようですが、その前に実証されてしまったのですね。

なお、癌に効くかどうかは不明ですが・・・


いずれにしてもこういった予防医学がどんどん研究されていくのは嬉しいことですね(^-^)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR