老化とは?

様々な辛い症状を感じ、病院で検査を受けたあげく医師からの所見は・・・「加齢」(泣)

こんな話を聞いたことがあります(+_+)

確かに、人は老いるもの。
年齢とともに体力も衰えていきますが、そんな診断を受けるのは淋しいですね(・・;)


肉体年齢・内臓年齢・皮膚年齢など、実際の年齢と比較して身体の特定部分が
年相応かどうか調べたりする機会もあったりしますね。

「30歳のあなたの内臓年齢は37歳です」とか・・・(悔)
「45歳のあなたは皮膚年齢が41歳です」(嬉)など




では老化とは何でしょう?

白髪やしわが増えたり、肌のハリツヤがなくなってきたり、また、体力の衰えなど
人はそんな変化で感じたりしますが。




老化とは「身体の酸化」だという考え方があります。

白髪やしわ、しみ、動脈硬化、加齢臭などなど・・・
人体が酸性化することで様々な変化が表れてくるというものです。


確かに老化と生活習慣は密接な関係があるようで、私たちは生まれた直後から温度、光、音など
様々な環境因子にさらされながら、酸素を利用して食べ物を分解し、そこから得たエネルギーを
利用して活動しています。

この時、同時に様々な老廃物が生まれ、中には活性酸素という有害な物質も含まれます。
食べ過ぎたり、脂肪や糖分を必要以上に摂りすぎると、活性酸素もたくさんできてしまいます


活性酸素は、細胞を構成する蛋白質や脂質、あるいは遺伝子を損傷して細胞の機能に影響を与え
老化のスピードを早めているようです。


この活性酸素が身体を酸性にしていくということなのですね(・・;)


人が成熟期を経て、衰退していく老化は避けることが出来ないのですが、少しでも老化のスピードを遅らせること
は誰もが望むことなのかもしれません。
だからこそアンチエイジングという言葉が注目を呼んでいるのでしょうね。



さて、身体の酸化を少しでも遅らせるには、まずは食生活の見直しでしょうか(^-^)

でも動物性の食物をやめてベジタリアンに徹するということではありません♪
もちろん食事のバランスは大事ですが(^_^;)


ある方の言葉に「3白+1の害」というのがあります。

普段、われわれ日本人の食生活になくてはならないものなのですが、
3白は「米、塩、砂糖」なのです。

白米(酸性)よりも玄米(アルカリ)
白砂糖(酸性)よりも黒砂糖や三温糖(アルカリ)などの自然のもの
精製塩(酸性)よりも海塩などの天然塩(アルカリ)
・・・ということです。

さらに+1とは、食品添加物の類のことです。

食品添加物の無い食材をスーパーマーケットで探すのは最近難しくなってきましたが、
できるだけ上記の自然のものを選択していくことで、少しでも身体の酸化を抑えることが
老化を遅らせることに役立つのであれば、食生活を改善する価値があるのではないかと思ってしまいます(^^)


体内の活性酸素は遺伝子にさえ影響を与えることが分かっています。

それは外敵から身体を守ってくれる細胞戦士、リンパ球などが
ある日突然、自らの身体を攻撃し始めることにもなりかねないのでしょうね。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR